Adaptive Reuse | project safe refuge

Adaptive Reuse


私たちの目標は、放棄された建物や十分に活用されていない建物に関するデータを分析し、それらを住宅に適応させるためのアイデアを探すことで、難民を受け入れ ている都市を支援することです。私たちは機会と課題を調査し、既存のソリューションを調査したいと考えています。私たちは、開催都市での新しい居住者の統合に 関連する課題にすでに直面している国を含む、多くの異なる国からの最新の設計および技術ソリューションを取り入れています。私たち、ボランティアチームは、難 民の方々に安全で健康的で住みやすい地域の住宅を提供するために活動している地元の建築家やコミュニティに貢献し、支援したいと考えています。


このプロジェクトの一環として、建築および都市設計の最高水準だけでなく、地理的および地域的な場所や土地の所有権から生じる違いも考慮に入れた、一連の設計 手法を開発したいと考えています。また、軽量で手頃な価格の構造のソリューションを開発します。これは、空いているオフィススペースに簡単に設置して、一時的 に難民の方々を収容するために適応させることができます。


why?


難民を受け入れている国や地方自治体は、ウクライナでの戦争から逃れた数千人の難民に対応するという、前例のない課題に直面しています。急速な変化のこの瞬間 に、私たちは、適切な住宅、都市インフラ、そして住民のための機会を備えた、より長い視点で都市を開発するための戦略を考える必要があります。地元の建築家が 機会を評価し、考えられるアイデアを研究するのを支援する取り組みが、環境、社会、経済の観点から持続可能なソリューションの実装を促進できることを信じてい ます。


© 2022 All rights reserved

Logo design and graphic concept: Małgorzata Cichocka